アプトシステム ホームに戻る デモ申し込みk 問い合わせ

アプトシステムYoutube



建築物LCM(ライフサイクルマネージメント)支援システム
FMAXS(エフマックス)のご提案

建築物保全の現状として以下の問題点が挙げられる。
自治体に対して保全計画書の提出が義務づけられている。
国・自治体は、システム利用を勧めている。
独自でシステムを構築する場合、初期投入コストが高いため、敬遠される。
データ作成に費用・時間がかかるため、導入をためらう。
EXCELベースで対応する自治体が多い。
ニーズはあるが、コーディネーター不足。
自治体以外でのニーズも多い。


結果、建物保全は、いきあたりばったりとなり、膨大な費用がかかったり、建物の価値が失われ、ひいては重大事故につながる。
これらの諸問題を解決する為に、実績のあるFMAXSをお使いください。
   
◇導入実績


  


◇受賞・認証


第12回(平成30年2月)日本ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)奨励賞 受賞

◇イベントセミナー情報


 
coming soon...







◇サービスに関するお知らせ
coming soon...